日常の生活動作の維持、社会交流、ご家族の介護負担軽減を目的とし、高齢者の皆様に向けてサービスを提供しております。

日々の様子

できることをあきらめないで、「できる喜び」を感じてもらえる、笑顔ある日常を心がけています。

2020年 8月の日常

8月9日(日) 体操と脳活

朝の日課の体操。黒田さんは体が柔らかい。体をほぐした後は、脳トレで頭の柔軟体操。

朝の体操

今日の脳活はこの本から

なんでしょう?

「みなさんで考えてみてください」

「全然ピントこんわ」

「ヒントでーす」

新人スタッフ松坂さん、頑張ってくれていまーす♫


8月9日(日) 先輩方のメロンの食べ方

大岡さんの妹さんから、メロンが届き、さっそく、おやつに戴きました♫
その時、「種は取らずに、そのまま食べたい」とのリクエストが!!@。@ 
種をとらない?!!スタッフは先輩達のメロンの味わい方を知ることになります。 「種の周りが一番甘くて美味しいから、そのままたべたい」「レストランできれいにカットされているメロンではなく、家でひと目を気にせずかぶりつくのが一番美味しいのよ〜」と。そういう訳で、種がびっしりついたままお皿に盛り付け。「甘い、甘いこれこれ!」ととても美味しそうにメロンを召し上がるみなさんでした♫

手慣れてあります

バトンタッチ

種は取りません

「種の周りが一番甘いんやで」

「そう、妹さんが・・・」

「あま〜〜い♫」

この方は、種取る派


8月7日(金) いろいろな線と色

五感アート(臨床美術)のレクリエーション活動に参加していただきました。物を見ないで描く抽象画。さっぱりわからん…と言われながら、素敵な色の作品がならびました。

絵はお好きですか?「どちらかと言えば苦手です」

絵が得意というより、必要なのは力かな!(^^)!

見ないで描く方がむつかしい~~

大根をおろす感じで!とお伝えすると、どんどん色を重ねる大岡さん。頼もしいです。

上から緑が美しい久美子さん。左 華やかな画面の百濟さん。魚と水のイメージ西依さん。深い紫と緑、大岡さん。淡い色が春の水面のような加茂さん。

本日のランチ(*'▽')

ゆっくりですが完食されてます。

午後からは二階の皆さんと、抽象画に挑戦。

飯田さんの辞書に「適当」の文字はありません。

きっちりとした制作。さすがです。

3時のお茶はバームクーヘンです。

今日も炎天でしたね。畑の水撒きお願いします。


日替わりで、水撒きをおねがいしています。

「あれ、これなんですのん?」

カラカラの畑も水を撒くと少し気温が下がった気がしますね。明日の収穫の目星をつけながら(´・ω・)

洗濯物もカラカラに乾きます。さすがベテラン主婦集団。

「手伝いましょうか」と進んで参加。ハンガーを片付けされてます。

テレビタイムとは別人のスピード!あっという間にたたまれてゆきます。

お膝の痛いゆり子さん。湿布はりましょう。

先月制作のおばけちゃん達。夏の風物詩?なので壁に飾りました。ご自分が描いた顔に「誰がかいたんや~」と談笑されていました。トイレの横の壁ですからね~ 夜は恐い('Д')


8月6日(木) 四角マメの収穫

日差しはきついですが、やっぱりお外は気持ちがいいね。四角マメ!!!珍しいお豆に、みなさんびっくり!!!テンションUP♫  四角マメは、天ぷらで食べると美味しいらしいでーす。楽しみー♫

珍しいわ〰

きれいなグリーン色。黒田さんの笑顔もきれい♫

トマトの収穫

日焼け防止も忘れずに。

「どれ、とったらいいかしら?」

「これは、まだ、青いわね〰」

四角マメは、これからどんどん収穫できそうです。

「はじめて、みたわ〰」

「へー、天ぷらにするの」

会話もはずみます。

料理の達人

とうもろこし収穫も間近でーす♫


8月6日(木) 松坂さん、よく動く

すぐに、みなさんと打ち解けて、動く、動く、そして見守る松坂さん。
午後からは、時間内に洗濯バサミをどれだけつけれるかゲームで盛り上げてもくれました♫

洗濯バサミゲームです。

「時間決まってるから、ドキドキするわー」

白熱戦のあとには、、、

ジュースで一息♫

そこ、段差ありますよ。

足元、気をつけてくださいね。

パリッと乾いています。

夕方の水まき作業

見守る松坂さん

水まきも力が必要です。

優しくサポート


8月5日(水) 絵本が届いたよ〜♫

みのりで遊書を担当してくれている村上祐喜子さんは、実は、実は、、、もうひとつの顔が。
今回は、絵本作家として村上さんを紹介します。
京都新聞社から、「けむしのおなら」に続いて、「くじらのおなら」が出版されました〜(パチパチパチ)
今回の「くじらのおなら」は、地球環境がテーマでありつつも、この深刻な問題を笑いながら考えていくきっかけになれば、、、との思いで制作されたそうです。
文章は「けむしのおなら」の松村正希氏。絵は、村上さんと、漫画家でもあり造形作家、石ころアート作家としても活躍されている毛利泰房氏。他にも、京都産業大学の方も関わってくだり2年かけてつくられた絵本。もちろん、前回同様、歌(くじらのおなら)もついていますよー♫

もう1冊は、村上さんの丹波の生徒さんの義積喜美子(よしずみきみこ)さん作の手づくり絵本、「おばあちゃんの太平洋戦争」です。戦後75年目の夏。「平和」を祈って、自らの戦争の体験を自費出版されました。2冊の絵本、おばあちゃんたちの反応が楽しみですねー♫

えー!!!書道の先生が描いた絵本かいな。

きれいな絵やなー。

自らの戦争体験が綴られています。

「そやった、そやった」と共感の声が。

「私は焼夷弾から逃げて大変やった」と、子供の頃の思い出話も。

不安定な現在、戦争体験は語り継いでほしいです。


8月5日(水) ヤングマン登場

なんと、なんと、ヤングマンがみのりスタッフに仲間入りしてくださいました♫
レクリエーションに興味があります、、、という頼もしい松坂さん、36歳。皆様どうぞよろしくお願いします♫

よろしくお願いします。

松坂壮太郎さんです。

さっそく、みなさんとコミュニケーション♫

ヤングマンがきてくれたので、みなさん、ちょっとハッスル♫

「若いことはええね」


8月5日(水) みのり畑の小玉スイカ

午前中、スイカの話題に。「趣味で小玉スイカを作っていたのよー」と西依さん。
ちょうど、みのり畑の小玉スイカが食べごろ。 お昼のデザートは急遽小玉スイカに♫
だいぶ慣れてこられた加茂さんも、新人スタッフの松坂さんも、スイカを切るなどのお手伝などで活躍されていました。

「大きなスイカ!!!」

スイカ博士

「ここを切ったら、均等に切れますよ」

お見事!!!

松坂さんもいい手付き

「おまたせしました〜♫」

「みのりのスイカ、よくできてるわー♫」


8月3日(月) 夢の中

画家北野さんが、メインフロアーに飾る絵を描いてくださいました。
いつまでも幸せの森の中で暮らせるようにとの願いが込められた画。タイトル「夢の中」♫
北野さんは、社長と親睦があり以前も絵を描いていただいたことのある画家さんで、個展や絵画教室、オリジナル作品のセレクトショップ経営など多才な活躍をされています。
今回、社長のイメージや思いを伝えて完成したのが「夢の中」です。

1階のフロアーに飾られた「夢の中」。1階のみなさんも「湖に桜か梅が反射しているんやねー」と満足気に眺めておられました。
こころ和む絵を見て、すこしでも気分を落ち着かせてくださいね。

北野画伯作「夢の中」

まっすぐになってるかな?

湖の色がいいねー。


8月2日(日) 穏やかな日曜日

毎日、感染者数が増えていますが、みのりは今日も穏やかに時が過ぎていきました。

黒田さんが水やりをしてくださいました

「とうもろこし楽しみ〜」

「どうやってたたんだらいいかしら?」

「これ、こう合わせたらいいかも」

「これ、何?」

「きれいにたためたわ〜」


8月1日(土) 夏を知らせるセミの声

暑さに弱いのでは、、、と言われていたコロナ菌でしたが、予想外の第2波が!!! そんな中、梅雨明けとともに鳴き出した蝉の鳴き声に、普段の夏を取り戻す感じがします。

さあ、今日もトマトの収穫です。

「うわ〜、たくさん、赤くなってるわ〜」

「これ、美味しそう」

「大きいのから可愛いのまで実ってました」

「青いトマトもまだまだたくさんあるわ〜」

今日の収穫

トマト美人

こちらもトマト美人

ますますトマト美人

「これ、食べれるんかいな」おちゃめなトマト美人

「ここに座ってね」

すっかり仲良しに。


8月1日(土) トマトより団子

今日のおやつは草団子。「トマトより団子のほうが、やっぱり美味しいわ〜♫」

「いただきます」

「ほほほ、、、おいしいです」

「これ、食べてもええんか」

「お団子好きやわ」

まずは、お茶から

「やっぱり、トマトより団子やわ〜」(笑)

おやつのあとの ひと仕事


お問い合わせ先

見学希望、施設に関する事、入居のご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。

072-339-7550   072-339-7551