日常の生活動作の維持、社会交流、ご家族の介護負担軽減を目的とし、高齢者の皆様に向けてサービスを提供しております。

日々の様子

できることをあきらめないで、「できる喜び」を感じてもらえる、笑顔ある日常を心がけています。

2021年 6月の日常

6月23日 遊書 七夕の願い事を短冊に

ここ何回かのレクで七夕の飾りがどんどん出来上がり、短冊できたら完成かな?ということで、願い事を書きました。レクスタッフが準備してくれた笹の葉や☆付きの短冊に至るまで、半紙の縦半分サイズや四分の一サイズに試作し、太筆から細筆に持ち替えて書きました。
最初は健康や心穏やかな願い事が多かったのですが、だんだん本音の○○したい、○○食べたいが出てきて、笑いも出てきました(^.^)
願っていること書いて、気持ちスッキリされたかな?

先ずは手首を回して、ウォーミングアップ

今日は先ず太筆でくるくるくると。滑らかに筆が動くかな?

半紙半分の紙に太筆で、「七夕」「天の川」などを。

続いて四分の一半紙サイズに、細筆で、いよいよ願い事を。

最初はお部屋で休んでおられた西依さんですが、さらさらと。

迷いなく書きたい言葉を選んで、バランス良く書かれる大岡さん。

だんだん本音が出てきました!笑いも出てきました!!

願ってること書くとスッキリしますよね!(^^)!

「心やさしく」と何枚も書かれた加茂さん。

更に小振りの短冊に願い事を書き、台紙に貼って、更に笹の葉で装飾しました。

見えないよ~と、ホワイトボードに接近

大きな文字を書かれ、スッキリされた真澄さん。


6月23日 遊書 七夕の願い事を短冊➁

午後からは二階の皆さんと。
意外なことに本音の願い事が多く出ました。午後の方がリラックスされるのでしょうか(^^;

先ずは太筆で、いつもの遊書。七夕ゆかりの言葉を。

続いて細筆に持ち替えて、願い事を。最初は穏やかな言葉でしたが……

出ました!本音(^.^)

百済さんも話しているうちに、心の願いが!

寝ていらした小畠さんも参加。願いをのびのび形に!

百合子さんは短冊をもみもみ。願いを刷り込まれているのかな?

今日は筆に墨をつけるだけで書かれなかった服部さん。娘さんのことを楽しそうに話してくださいました。娘に会いたいと書きたかったのかもしれません。

静かに書いて静かに貼って、やさしく見せて下さった吉村さん。

賑やかにどんどん貼って、お隣の方の装飾もして下さった宮崎さん。

二階の皆さんの願い事。このあとカラーの短冊は七夕飾りに仲間入りしました!(^^)!

色鉛筆ぬりえにとても熱中しておられる中川さんと宮崎さん。遊書の前後にこの様子。そこへ小畠さんも折り紙に塗り塗り(^^;三人とも願いを込めておられる横顔。


6月22日(火)七夕飾りつくり

七夕さまに向けて飾り付けの準備がはじまりました。 今年は天の川がかかるかなー。

丁寧な作業の中川さん

「昔よくつくったわー」

「こんなに長くなったで」

「背より高いわ」

「まだ、つなげますぅ?」

服部さんは、ちょこっとだけ参加

「できましたー♬」

「どこに飾るー?」

「がんばったなー」

ながーい!!!


6月22日(火) みのり畑1  最後の玉ねぎ収穫

楽しませてくれた玉ねぎも、いよいよ最後の収穫です。続いて、キュウリ、トマト、ナス、スイカと、夏野菜がどんどん育っています。

「まだ、こんなにあったわ〜」

「いちご、赤くなってるわ」

「おいしそうな苺♬」

「ほら、見てみ。こんなに獲れたで」

「あれ、なんですの?」

「これ、なんですの?」

赤くなってきましたが、もうすこし我慢!がまん」

「見てみー」

「スイカだわ〜」

「まだ小さいけど、楽しみやな〜」

お花もきれいにさいています。

切り花にして、リビングに。



6月22日(火) 訪問理容

みなさんすっきり、べっぴんさんに♬

2021年6月21日(月)臨床美術『金彩野草図』

穂 のある草は秋を連想しますが、夏草でもあります。雑草がスゴイ勢いでしげっています。
花瓶にさしてみると、地味ですが自然の風情も感じられます。小さな自然を取り入れた臨床美術のレクリエーションに参加していただきました。

宮崎さんの作品。さやさや~~

中川さんの作品。生き生き!

百済さんの作品。野の草らしさ、でてます。

可愛いお花が届いています❤

娘さんの話題は、素敵なパパの笑顔です

お昼ご飯です!(^^)!唐揚げ、ズッキーニとピーマンのツナ炒め、お味噌汁

畑からとれました、とげとげの胡瓜と日に当たってホカホカの茄子

画材の準備も手伝ってくださる、久美子さん。

配置のバランス、考えておられました


大岡さんの作品。カメラのフラッシュでうまく撮れませんでした(^^;金麦みたいな豪華さです。

難しいわ~~、と西依さん。漆器みたいですね

花瓶も描いてくれました。植物が洋風に見える塚崎さん作品。

お腹から声出しは歌が一番!30分歌うと、元気出ますね(^○^)

今日は西依さんのお声が響いていました!

夕飯の前に、二階の皆さんと七夕飾りの続きを。

宮崎さんの監督のもと、蛙さんと星の子ちゃんを貼りました。あとはお願い事の短冊を飾りたいですね(^.^) 短冊にはみんなが元気、が一番やなと話されていました。コロナのワクチン接種は、6月15日にホームへの往診にて皆さん受けられました。重篤な副反応はなくお過ごしです。二回目接種は7月6日の予定です。接種後の体調変化を注視してまいります。ワクチンにより安心な日常に近づくことを願います。


2021年6月14日(月)格子編みと七夕飾り

今日はレクリエーション活動の日。七夕飾りと、手先を使う制作に参加していただきました。

紙を交互に組み合わせます。

しっかりと半分を測ってせんを引き、

切ります。

ざっと説明しただけで、お一人で制作される吉村さん。

今日の小畠さん。周りにはお世話してくれる方々が(*´з`)

「はいはい」

スタッフさんにヘアセットしていただきました。シュッとしてます。

百合子さんは亀釣り用のカメを点検。

キャップの絵柄に注目です。


職人さんのお二人

今日は調子ええねん、とのこと

「久しぶりやな」とにっこり。

安定の仕事ぶりです。

職場みたいですね(;^ω^)

格子編みがたくさんできました。この用紙を使って何かできませんか?と伺ったところ、裏も奇麗なので箱の蓋、本の表紙などの意見がでました。発展させましょう!

お昼ご飯です。シラス丼、野菜の掻き揚げ、高野豆腐と南瓜の煮物です

お昼休憩の後は、一階の皆さんと

ものさしで測る方、フリーハンドで切る方。

コルクボードに星の子の飾りをつけています。皆さんで、バランスと配置を見ながら。「あら~かわいい」


飾り付け、とても頼りになる几帳面なみなさん(^.^)

こちらの編み作業は、アッとゆう間に出来上がりました。何かに使用しましょう。

お疲れさまでした。甘いもの、美味しいですね。

☆星の子ちゃん。かわいいですね。七夕までに少しずつ飾りを増やす予定です☆


2021年 6月11日(金) なすびの収穫

大きななすびが収穫できました。

採れたて新鮮

まだまだこれから楽しませてもらえそうです。

「おいしそうやね」

「これは、小ぶりだわね」

「なすのお新香たべたいわ」

「こんな大きいのが採れたの!!」


6月10日(木)木の葉のフロッタージュ

畑の緑は今まさに、萌えるような青!力強い生命力にあふれています。そして、生息している種類も豊富です。葉っぱに注目して、レクリエーション活動に参加していただきました。

朝の10時半ですが、もう暑い!

暑いけど気持ちええわ~ 

畑にでられた、眞澄さんと久美子さん。葉が倒れている玉ねぎは収穫時だよねぇ

「ええのが できてるわ」

「こんな大きいきゅうり、スーパーで見たことない」色々できます、みのりの畑。

摘んできたばかりの葉っぱ。苺、きゅうり、茄子、スイカ、南天、トマト、バラ、紫陽花、ドクダミ、桜、ゼラニウム。

産毛のとげとげ、匂い。実や花は知っていても葉っぱはなんだかわかりませんよね。

背筋がシャッキと

絵筆を持たれた小畠さん。素敵な表情(*´ω`)ですよね

ゆり子さん、カップを積んだり重ねたり。笑顔が見えることに参加していただいています。ニコニコと話して下さり、スタッフ渾身のギャグにはこちらの表情です。


今日のランチ。麻婆豆腐、チンゲン菜なめ茸和え、卵スープ(^.^)

午後からは、ワイワイと一階の皆さんと。こちらは真面目に?話を聞いて下さっている女性陣。

お笑いムードメーカーの塚崎さんと、つられて大笑いの久美子さん

カメラには「ピース」(*^^)v

真剣です。

写したり、絵の具をぬったり切ったり貼ったり……たくさんの工程があります。

背景に生駒の山並みが!葉っぱを描いていて風景画にしてしまうところがスゴイ。

形や色を観察し、匂いをかぐ、五感を使うことはリフレッシュ効果があります。

レクリエーションの時間にたくさん笑顔が見られることを目指しています!(^^)!

お夕食です。サバの照り焼き、南瓜のそぼろ煮、茄子(みのり畑産)とオクラの揚げびたし。明日も良い日になりますように('ω')ノ


6月8日 遊書 住まいも衣替え

皆さんが子どものころの昭和の生活を思い出して、日本の夏の暮らしの中にある言葉を書きました。
今日は先ず、一階の皆さんと。

簾(すだれ)、蚊帳(かや)、団扇(うちわ)……思い思いの言葉を。何てよむの?と聞いたら、直ぐに正解が返ってくるのがすごい!

仮名文字がいいわぁ~と、流れるような文字

初夏を行書でさらりと

三つのテーブルに分かれて、ゆったりと

簾の絵も書いてもらいました。

昭和の時代を思い出すと、古里佐賀が浮かんでくると、即興で描かれた塚崎さん。

さらさらと涼しげな書を10枚書かれた加茂さん。

今日も最多の大岡さん。お見事!

それぞれの自信作を貼りだして。自信作ないとゆう人には、周りがあーだこーだと、選び出し(;・∀・)

展示作品見て「いっぱい貼ってあるなぁ。こんなんも書いたんや~」と喜んで下さる真澄さん。

特別枠で本日の水墨画を貼りました!

気持ちよく書いた後は、庭を眺めて


お問い合わせ先

見学希望、施設に関する事、入居のご相談など、何でもお気軽にお問い合わせください。

072-339-7550   072-339-7551